求める人材像 ― 総務・人事部長 小野 哲 ―

東急バスの未来を創りだせる人と仕事がしたい 多田 方彦  MASAHIKO TADA
東急バスの未来を創りだせる人と仕事がしたい 多田 方彦  MASAHIKO TADA

東急グループの積み上げてきた歴史と経験を礎に
自らも成長し東急バスの未来を創造してもらいたい

東急グループは、大田区田園調布や多摩田園都市の開発など、鉄道を中核とした街づくりで発展してきた企業集団です。東急グループは「美しい時代へ」というスローガンを掲げ、一人ひとりが自分らしく生き、幸せを実感できる「美しい生活環境の創造」を目指して企業活動を展開しています。その事業範囲は、不動産業・建設業・流通業・ホテルレジャー事業から、クレジットカードやケーブルテレビ、セキュリティ、老人ホームから学童保育、そして電力小売りまで、長い歴史と共に時代の流れを掴んだ多彩なサービスを提供し続けています。それら事業のベースとなるのが、当社の事業分野である交通インフラです。東急バスは、街の基盤を支える沿線の足として、昭和4年から、その責任を果たし続けており、さまざまなサービスの提供に取り組んできました。

東急バスが事業エリアとする、東急沿線地域は、日本が直面している少子高齢化、人口減少の時代にあっても、2020年まで人口が増加すると予測されています。これは、私たち東急グループが不断に沿線価値の向上に取り組んできた結果であり、お住まいのみなさまが「東急」というブランドに対して厚い信頼を寄せていただいているからにほかなりません。バス事業にとって、日本で最も恵まれたマーケットであるとも言える、東急グループの開発したこの地域の社会基盤を支えているという矜持を持って、これからも期待にお応えし、安全で快適、そしてより便利な輸送サービスを提供し続けなければなりません。
東急バスの社員を採用するにあたってみなさんに求めるのは、いま「こんなことが出来る」「こんな能力がある」ということではありません。

みなさんには未来に向かっての可能性があります。東急バスにはその可能性を発揮できるフィールドと、その可能性を大きくするための、人を育てる風土があります。お客さまの期待に応えるために、「東急ブランドで展開するバス事業をどのように発展させていくのか」「お客さまにとって、地域にとってより便利なバスとは何か」を深堀りして考えていく気持ちと、「自らを成長させ続けたい」という意欲、向上心を持つ方に、当社の一員になっていただきたいと考えています。

当社のフィールドで自らを成長させ、東急ブランドにふさわしい人材、東急バスがこの街にとって欠かせない存在であり続けるための力になっていただきたいと思います。

総務・人事部長

小野 哲AKIRA ONO

法学部法律学科卒。1992年東急バスに入社。学生時代からスポーツを好み、高校時代はサッカー部に所属していた。休日は趣味のゴルフと読書を嗜みながら、家族との時間を大切にしている。