A member of TOKYU ─ 東急グループとしての誇り

東急グループの実績と取り組み

東急グループは、鉄道を中核として、その沿線に様々な事業を展開することで、田園調布や多摩田園都市の開発を手掛け発展してきた企業集団です。
人口減少の時代にあっても、東急沿線は2020年まで人口が増加するという予測があります。それは、長い歴史と共に、時代に即した多彩なサービスを提供し続けてきたからであり、お客さまからの信頼があるからです。
「美しい時代へ」というグループスローガンのもと、「美しい生活環境の創造」を目指し、お客さまのニーズ、期待に応えながら、一人ひとりが自分らしく、幸せを実感できるための、お役に立てるよう、グループ各社が連携していくことが、これからも求められます。

信頼に応えるために

お客さまの「信頼」が東急グループの支えです。東急バスは地域の足を支える交通インフラとして、85年以上の長きにわたり、そのグループ力の基礎を担っています。これからも東急沿線が選ばれる沿線であり続け、お客さまからの信頼を得続けるため、東急グループの一員として、これからのバス事業を創造することが求められます。高齢化社会を迎える日本において、現状継続だけでは、バス事業も存在意義を問われかねません。「ひとつの東急」として、世の中の流れ、お客さまのニーズを掴み続けることで、時代に即した「信頼」にお応えすべく、より便利な輸送サービスの提供に取り組んでいます。